INTERVIEWインタビュー

  1. 営業戦略課課長
  2. 槇 謙夫 NORIO MAKI
  3. 2002年4月入社

現場や人事での経験も全部いきてくる仕事。 地道な積み重ねが全て。

営業戦略課の課長である槇さんは、数十億円にも及ぶ全店の予算管理や、店舗ごとの売上や稼働率を上げるための打ち手の判断、新店オープン・リニューアルのあらゆる工程に関わる、いわばこの業界のプロフェッショナル。ジョイパックの中で大きな役割を担う槇さんが、日頃どんなことを考え、心がけているのかを伺いました。

数字と人と店舗を多角的に分析。

就職活動をしている時に、ジョイパックが「企画屋集団 募集」っていう求人広告を出しているのが目に留まって、「自分に合いそうだな」と感じたのが入社のきっかけですね。
入社後は店舗勤務でストアマネージャーになって、その後人事部のスーパーバイザーの経験を経て、今の営業戦略課に配属になりました。
営業戦略課は、全店の予算管理や、店舗のリニューアルや新店舗立ち上げの計画〜実施をはじめ、営業目標達成のための施策を行う部署になります。
数字だけ見ているわけではなくて、数字を見て、人を見て、店舗を見て…と多角的に分析し、打ち手を講じます。なので、今までの店舗勤務や人事の経験はフル活用していますね。

奇策はないので、地道にコツコツと。

例えば、今は繁盛店となっている店舗もオープン当時はそうでもなくて、細かいことから徹底的に改善を繰り返しているんです。例えば、窓が多い店舗なので時間帯によっては眩しくて玉の動きが見えないっていうのに気づいて、何時からロールカーテンしようと改善する。そういうことの繰り返しなんです。
店舗に脚を運んで「なんか、どんよりした店舗だな」と感じたら、何がどんよりさせているのかを考えて変えていく。奇策なんてないので、地道にコツコツ積み上げていくことが全てです。

改善のスピードが命。

どんな仕事も同じではないかと思うのですが、見ないことには、やらないことには、始まらない。
不思議なもので頭だけで「こうなるはずだ」と思えば思うほど、予想って外れるんですよね。過去の成功体験もそのままやると失敗するので、常に変化させていくようにしています。マーケティングの知識もベースとして必要ですが、諸条件があるのであてにはならないとわかった上で取り入れる。本社の事務所で数字とにらめっこしていてもダメなんですよね。考えて考えて、行動して行動して。やってみてダメだったら変えて…というスピードが全てなんです。
王道も奇策もないなか日々は目まぐるしく過ぎていきますが、チャレンジし続けられるこの仕事は楽しく、自分の誇りでもあります。

MORE INTERVIEWその他のインタビュー

  1. thumbnail

    日々の頑張りが評価される環境だから 楽しみながら成長できる。

    ホールスタッフ

    長島 拓己Takumi Nagashima

  2. thumbnail

    個人の想いを大切にしてくれる会社。 仕事でお返しがしたい!

    販売促進部

    横山 亜美Ami Yokoyama

  3. thumbnail

    目指せ女性マネージャー! 後輩たちに良い背中を見せたい。

    フロアマネージャー

    髙島 奈津美Natsumi Takashima

  4. thumbnail

    好きなことだから本気になれる。 自分にはこれしかないと思うほどの天職です。

    ストアマネージャー

    清水 竜也Tatsuya Shimizu

  5. thumbnail

    現場や人事での経験も全部いきてくる仕事。 地道な積み重ねが全て。

    営業戦略課課長

    槇 謙夫Norio Maki

  6. thumbnail

    ジョイパックは「人」が宝。 多くの人にその魅力を伝えたい。

    人事部係長

    石引 美春Miharu Ishibiki

  7. thumbnail

    もっと接客を極めたくて 社内転職で飲食事業へ。

    マーチダイニング(飲食事業)管理部

    笠井 亮平Ryōhei Kasai

  8. thumbnail

    やればやるだけ自分の夢が近付く会社。だから120%の力が出せる

    ホテル事業 事業責任者

    塚本 貴之Takayuki Tsukamoto

There is the place that
can grow up,with a smile.

明るく楽しみながらみんなで前進・成長できる場所